前へ
次へ

税理士資格の受験資格を得る3つの方法

税理士になるためには資格が必要です。またその資格を得るための試験にも受験資格が設けられています。まず最もシンプルなのが、大学や短大または高等専門学校の経済学部や法学部、商学部を卒業する、あるいは法律や経済に関する学科の62単位以上取得した大学3回生以上というものです。次に高卒者や上記の学問分野と離れている人でも、日商簿記1級の資格を持っていれば、学歴に左右されることなく税理士の受験資格が与えられます。最後に、税理士事務所、または個人で経営されている会計事務所などでの3年以上の勤務経験があれば、この資格に受験することができます。日商薄記の1級資格は取得が難しいものですので、実務経験を積むという方法も視野に入れると良いでしょう。

top用置換

top用置換2
Page Top